ガンとは

細胞がなんらかの傷害を受けて変異して

増殖し悪性腫瘍になり体の他の器官を侵したりするものをガンと呼びます。

また、初期の段階では症状が出ないのが特徴です。

ガンの進行と種類

ガンは、前期がん、進行がん、末期がんと大きく分けて三期に分かれます。

また、ガンの原因として遺伝によるものと、環境によるものに分かれますが

遺伝が原因で発生するガンはほとんどないとされます。

ガンは、遺伝子に障害が起きる異常なので

悪性化した遺伝子が増殖を促進させます。

遺伝子を異常化させる、環境の要因としては

放射線・紫外線・化学物質、ウィルスなどが挙げられます。

また、逆に体にはガンを抑制遺伝子がありますが

ガンの進行に大きく影響を与えるとされています。

日本人とガン

ガンは、日本人の死亡原因1位の座にあります。

胃ガンが一番多いのですが医療技術の発達で低下傾向にあるようです。

肺がん、大腸ガン、膵臓ガン、胆道がん、前立腺ガン、卵巣ガンは死亡率が

上昇傾向にあり、女性では乳ガンも上昇傾向にあるようです。

ガンの早期発見の重要性

早期発見されれば原則として治癒が可能な一連のガンを易ガンと言います。

子宮頸ガン、乳ガン、胃ガン、大腸ガンがこれにあたり

早期ガンの5年生存率は80%を超えるとされています。

このようにがん検査などによる早期発見と早期治療に努めること

初期の段階でガンを治療することを二次予防といいます。

癌(がん)検診について

癌(がん)検診とは

がん対策基本法を基に地方自治体の管轄で、

1.前がん状態あるいは、がんを早期に発見すること

2.症状が出ないうちに、がんを発見すること

3.「異常なし」の検査結果を知ることによる安心感を目的とし、行われている検診。

早期癌(がん)検診とは

進行がん、末期がんに対し、早期のがん。

比較的小さく、転移が見られず、治癒する可能性の高いもの。

進行癌(がん)検診とは

早期がんに対して、進んだ段階のがんのことを指します。

一般的に、がん細胞が増大し、周囲の侵潤、破壊が進み、

転移が出現するなど、治癒の可能性が低くなる。

【がん検診について】

これらの検診は、対象とした臓器に定められた検査をすることで、

正常の範疇か、異常が疑われるかにふるい分けを行います。

検診で即座にがんと診断するのではなく、

疑わしい人をふるい分けることが検診の役割です。

検診では、検査の異常をすべて拾い上げた後、

診断は精密検査で行われています。

精密検査に回る人は非常に多いのですが、

実際にがんが発見される確率は約1%程度です。

がんをより効果的に、早期発見することが今後のがん検診の課題となるでしょう。

【がん癌】が検査できる商品はコチラ

自宅での詳しい検査方法はこちら

血液検査方法 検査の流れ
買い物ガイド