糖尿病の基礎知識

糖尿病とは、血液の中に含まれる糖の濃度が高い状態が長く続く病気です。

言い換えますと、炭水化物の代謝障害のことです。

血中の糖の濃度がある程度高くなると、

尿の中にブドウ糖が漏れてくることがあるため、糖尿病と名づけられました。

食事の後の消化・吸収はちゃんとできますが、

血液の中に入った大量のブドウ糖が

エネルギー源として取り入れるはずの筋肉や脂肪細胞が、

これらのブドウ糖を取り入れられなってしまう病気です。

ブドウ糖を取り入れられないので尿に糖が出てしまうのです。

健康な体では、ブドウ糖を血液中に一定に保つために

筋肉や脂肪細胞に必要なだけ取り入れるようにコントロールしているのが、

すい臓から分泌されるインスリンというホルモンです。

インスリンがすい臓から分泌されない、あるいはその量が不足している、

逆に必要以上に分泌されているのに十分に作用しないことで慢性的に高血糖になるのが糖尿病です。

主な自覚症状

糖尿病は自覚症状がほとんど無く、血糖値が多少高いくらいの人がほとんどです。

徐々に糖尿病が悪化し血糖値がかなり高くなってくると初めて、のどが渇く、トイレが近くなる、

尿の匂いが気になる、できものができやすい、傷が治りにくい、足がつる、だるい、

疲れやすい、食べてもやせるといった症状が現れてきます。

血糖値が極めて高い状態では、昏睡に陥ることもあります。

自覚症状がないからと糖尿病を放置していると、高血糖が全身の様々な臓器に障害をもたらします。

眼の網膜、腎臓、神経は障害を受けやすく、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、

糖尿病性神経障害は糖尿病の三大合併症と呼ばれています。

網膜症が起こっても最初は自覚症状はありませんが、血糖値の悪化に伴い、失明に至ることがあります。

腎症も最初は少量のタンパク尿が出るだけですが、徐々に体内に水分や毒素がたまるようになり、

最終的には人工透析によって血液をきれいにしたり、

水分量等を調節したりしないと生きていけなくなります。

神経障害が起きると、しびれ、痛み、感覚鈍麻(どんま)、発汗異常、勃起障害などが起こります。

また、高血糖によって動脈硬化が進むため、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞が起こる率が高まり、

また足の血管の閉塞や壊疽により足を切断しなくてはならなくなることもあります。

症状がなくても糖尿病は徐々に進行し、恐ろしい合併症を引き起こします。

糖尿病の本当の怖さは、この合併症なのです。

1型糖尿病

1型は生存のために最初からインスリンが必要になります。

1型糖尿病は、生体を防御する免疫系が、

インスリンを分泌するすい臓のベータ細胞を異物と判断して、誤って破壊することから発症します。

原因は正確には分かっていませんが、遺伝、自己抗体、

ウイルス、食品、酸素のフリーラジカル説などがあります。

2型糖尿病

遺伝、加齢、生活習慣などの要因で発症し少しずつインスリン分泌能力が低下するものです。

日本人の糖尿病の90〜95%はこのタイプと考えられています。

突然に発症することはなく、

多くは高血糖の症状が目立つようになってから血液や尿検査で発見されます。

インスリンが十分に分泌できない、あるいは十分に作用しないという状態ですから、

研究者は原因として、遺伝、年齢、肥満、生活習慣を挙げています。

2型に関係する遺伝子は16以上報告されていますが、

いずれも発症のリスクを2〜3倍高める程度の弱いものです。

これらの遺伝子が役割を演じ、年齢や生活様式(運動不足や肥満)が

2型糖尿病の引き金になっているようです。

2型は遺伝との関連がとても強い病気で、加齢がリスクを高めます。

妊娠糖尿病

妊娠中にあらわれる高血糖です。

母体、胎児ともに高血糖は危険な状態なので、

厳格なコントロールと薬の選択が限られるので特別な注意が求められるものです。

妊娠糖尿病は出産すると症状は治まりますが、その後2型糖尿病になるケースが多く見られます。

妊娠によるホルモン変化や、遺伝、肥満が有力な原因です。

発育する胎児に栄養を供給する胎盤はいろいろなホルモンを多量に分泌します。

これらのホルモンは胎児には必要ですが、母体のインスリン抵抗性を高めるものがあります。

遺伝としては研究者は2型糖尿病と同じではないかと考えています。

母体のインスリン分泌能が十分でないと血糖が高くなってしまいます。

肥満のある妊婦に多くみられます。

糖尿病になりやすい人

1型でも2型でも糖尿病の家族歴のある人はリスクが高いとされますが

1型糖尿病者の多くは家族歴はありません。

ストレスやアルコール、甘い物などで直接に糖尿病が起こることは考えられていません。

そういった因子で、糖尿病の発症が早まってしまうことは考えられます。

糖尿病を検査出来る血液検査キットはコチラです。
血液検査方法 検査の流れ
買い物ガイド