p53

P53はガン抑制遺伝子のことで、細胞が突然変異を起こしガン化することを抑制する働きを持っています。

つまり、人間に癌ができた時に発生しがん患者の血液中で確認できる物質なのです。

この機能を利用して、血液検査でp53を調べることでガンの有無を確認することができます。

p53で有効なガンは、食道がん、大腸がんなどの消化器系のガンに加え、乳がん、頭頸部がん、子宮がんなどの早期発見に効果が期待できます。

このマーカーはがん発症の早期チェックに有効で、厚生労働省も他の腫瘍マーカーとの組合せ検査を推奨しています。

また、従来の検査と異なり、がん発症すると検出されるp53遺伝子の変異によって産出されるp53蛋白を測定することで、従来の腫瘍マーカーの欠点である早期ステージの感度が高いのが特徴です。

更に、早期がんマーカー検査では、擬陽性率の低さが大切になりますが、このマーカーは擬陽性率が低い点も特徴としてあげられ、がん以外の要因に反応しにくく、 擬陽性率が低く精度向上に貢献しています。


血液検査方法 検査の流れ
買い物ガイド