ピロリ菌検査について
ピロリ菌とは?

ヘリコバクター・ピロリは、胃の内部に生息する細菌(以下ピロリ菌)です。

消化性潰瘍や慢性胃炎などを引き起こすと言われています。

特に十二指腸潰瘍を伴う慢性萎縮性胃炎患者で高率に認められるため、

その主たる原因菌と考えられています。

2〜3×0.45μmの大きさのらせん状をした細菌で、4〜8本のしっぽがあり、

このしっぽをヘリコプターのように回転させて移動することから、

ヘリコバクター・ピロリ(正式名 Helicobacter pylori)と名付けられました。

ピロリ菌は胃の粘膜を好んですむつき、

粘液の下にもぐりこんで胃酸から逃れています。

胃の中はpH1〜2と非常に酸性が強く、

生物が生きていけるような環境ではないと思われていました。

十二指腸の粘膜が胃と同じような粘膜に置き換わってしまった場所

(胃酸から十二指腸を守るためにこのような変化をする場合があります)では、

ピロリ菌がすみつくこともあります。

ピロリ菌と癌の関係

ヘリコバクター・ピロリは、胃の内部生息する細菌(以下ピロリ菌)で、

最近の研究では、ピロリ菌感染と胃がん発生には

何らかの関わりのあることを示唆され始めています。

実際胃がんの患者の90%以上がピロリ菌陽性であるというデータもあります。

ピロリ菌検査について

ピロリ菌を見つける検査には大きく分けて内視鏡を使わない方法

(尿素呼気試験法、抗体法、抗原法)と、

内視鏡を使う方法(培養法、迅速ウレアーゼ法、組織鏡検法)があります。

内視鏡を使わない検査方法は、何より内視鏡検査を受けずに済むという大きなメリットがあります。

胃や十二指腸潰瘍に異常があり、胃潰瘍をくりかえす人など、

消化性潰瘍と診断された患者さんは、健康保険で検査を受けることが出来ます。

しかし現在わが国では、潰瘍を患っていらっしゃる方以外は、保険が適応にならず自費診療になります。

DEMECAL(デメカル)血液検査キットは、ピロリ菌検査が、

自宅にいながら簡単に血液採血し、その場で血漿分離(日米で特許取得)、

検体を郵送するだけで、検査結果が届くサービスです。

ピロリ菌に対して体内で作られる抗体の量を測定します。

ピロリ菌や胃ガンの検査ができるキット

・ピロリ菌検査キット・・・ピロリ菌のみを検査するキットです。

・胃ガン検査キット・・・ピロリ菌に加えてペプシノーゲン(胃の収縮度)を調べるキットです。

・胃ガン+男性用がん検査キット:胃がん検査に加えて、男性特有のがんを検査するキットです。

・胃ガン+女性用がん検査キット:胃がん検査に加えて、女性特有のがんを検査するキットです


血液検査方法 検査の流れ
買い物ガイド