【送料無料】 胃がんリスク 検査キット(ABC分類)(デメカル)
商品写真
ABC分類検査とは、“血液検査”を使った簡便な胃がんの新しい検診法です。

この検査はがんそのものを見つける検査ではなく、

胃がんのリスクを調べる検査法です。

まず、血液検査によりピロリ菌の有無と胃粘膜の委縮度をみる

ペプシノゲン値を測定し、

その組み合わせから胃がん発症のリスクをABCDの4群に分けます。

次の段階として、リスク有と判定された人(BCD群)に、

画像検査(内視鏡など)による2次検査を受けてもらう検査法です。

胃がんは、日本で最も多いがんで早期には症状がありません。

早期発見が大切です。

胃の萎縮度を調べるペプシノーゲン検査とピロリ菌の検査ができます。

ペプシノーゲン検査は 胃の内部の粘膜の状態を調べます。

検査結果が陽性の場合は、胃粘膜の萎縮が進んでいる可能性があります。

胃の萎縮は、胃がんのリスクのひとつとされており、

胃がん発生の引き金になると考えられています。

ピロリ菌は、胃の内部に生息する細菌で、

胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃炎などの原因細菌と考えられています。

また、胃がん患者の胃の内部からもピロリ菌が高率に検出されることから、

胃がんにも深く関係していると言われています。

【この検査キットでわかること】

ペプシノーゲン:胃の萎縮度

ピロリ菌:胃の内部ピロリ菌検査

ピロリ菌についての詳しい解説はコチラ
【送料無料】 胃がんリスク 検査キット(ABC分類)(デメカル)
型番 管理医療機器承認番号:21600BZZ00007000
定価 10,000円(税込10,800円)
販売価格 10,000円(税込10,800円)
購入数

この商品を見た人はこんな商品にも興味をもっています



血液検査方法 検査の流れ
買い物ガイド