エイズとは

エイズ(AIDS)とは、別名、後天性免疫不全症候群と言います。

生体を防御している免疫機構が破壊されることにより

日和見菌感染症や悪性腫瘍を併発した状態を指します。

日和見菌感染症とは、健康な時ならば何の害も及ぼさない細菌やウィルスが

体の免疫力が落ちたことで人体に有害な働きを始め病気を発症させることです。

この免疫機構を破壊するのがHIVヒト免疫不全ウィルスなのです。

潜伏期間は人によって異なり、感染後数日で発症する激症エイズから

10年以上経過してから発症するまで様々です。

発症した患者をエイズ患者、

潜伏期間中のHIV感染者をキャリア、又は無症状感染者と言います。

主な原因

HIVに感染している人の血液、精液、リンパ球などを介して感染します。

成人の場合は主として性行為や注射針の回し打ちなどです。

胎児や乳幼児の場合は、産道や母子感染が主な原因となります。

進行と症状

急性期感染から3週間前後経過した頃、一過性の風邪のような症状があらわれることが

ありますが、気づかずに過ごしてしまうことが多いようです。

無症状期、一般的には無症状で潜伏期間と呼ばれています。

発症前に、寝汗、倦怠感、体重減少などの関連症候群があらわれますが

無症状のまま突発発症するケースもあるとされています。

日本で多く見られる日和見感染症は、食道や気道のカンジダ症、

原生動物であるカリニによるカリニ肺炎、カポジ肉腫や悪性リンパ腫などがあります。

人体には様々な種類の微生物が共存していますが

人間の免疫力が落ちると平素は病気を起こさないウィルス、細菌、カビなどの

微生物が増殖し病気を起こすようになります。

このような病気を日和見感染症と呼びます。

診断

感染後2〜8週間で血性反応が陽性になるので

感染が心配な人は2〜3ヶ月を過ぎた頃に抗体検査を受けると良いでしょう。

治療・予防

病気の進行を遅らせる薬は開発されていますが、完治をさせる薬は現時点ではありません。

日和見症感染症や悪性腫瘍などの併発症に対する治療は進歩しています。

感染経路を絶ち、身をまもることが大切です。

日本でのエイズの現状

日本ではエイズ発症者は、感染者とともに増加傾向にあります。

また、発症するまで特に症状が出ないため

感染に気づかない感染者が多数いると考えられています。

日本の特徴は薬物の静脈注射による感染が殆ど無いとされます。


血液検査方法 検査の流れ
買い物ガイド